傾向が少し変わってきているベトナム貿易のメリットと現状について

ベトナム貿易について

地球(赤)

ベトナムの貿易は、90年代から2011年まで長い期間において貿易赤字が続いているという状態でした。しかし、2011年度から近年においては、貿易黒字を達成することができています。以前まで、貿易赤字が続いていたベトナム貿易ですが、近年では、国内の工業の発展により、輸出業が順調であることから、黒字がこれからも続くであろう、とみられています。
主に輸出業の中でも、圧倒的に黒字の項目として、携帯電話製品、部品などが挙げられます。これは全体の約16パーセント程度であり、輸出の項目においては、大きなシェアを占めているといえるでしょう。そのほかには、縫製品、コンピュータ、電子部品などが挙げられます。
ベトナムの携帯電話製品、部品の輸出量は増加しており、ベトナムの各地域の工場への大規模な投資により、これからも携帯電話の生産量は増加するとみられています。日系企業である、大手などもこの携帯電話製品、部品などの大規模輸出に貢献しているといえるでしょう。
ベトナムの貿易は、このような状況から、2013年まで貿易黒字が続いている状態であり、さら経済発展をしているベトナムでは、さらに黒字が増え続けるだろうと予測されています。

Choices Article

日本企業の進出国としてベトナムが好まれる理由

GDPも右肩上がりで、近年注目を集めているベトナム。世界的にみると1人あたりのGDPはまだ低いですが2016年の経済予測リポートでは、…

地球(青)

ベトナム貿易について

ベトナムの貿易は、90年代から2011年まで長い期間において貿易赤字が続いているという状態でした。しかし、2011年度から近年において…

地球(赤)

ベトナムへ進出する際のメリット・デメリット

ベトナムは最近の中国情勢の不安定さや反日感情、人件費の高騰などによりチャイナプラスワンとして、中国のほかに回避地としてもう一カ国進出し…

地球(黄)

ベトナム食品スーパーを開店しました

日本でも東南アジアの料理が人気となり、色々な東南アジア各国の料理を提供するレストランが開業されています。私も、東南アジア料理の…

地球(緑)